飲む点滴!おいしくて、健康になれる甘酒が簡単に作れることを知らなかったらもったいない!

SPONSORED LINK







家で簡単に甘酒が作れるって知っていますか?

飲む点滴の異名をもつ甘酒。

あまり甘酒を飲む機会がなかった私も、実家で飲んでみてはまりました!

小さな子供がいると、母はなかなか風邪なんてひいてられませんよね。

甘酒を飲んで健康に!体にいい飲む点滴の作り方をご紹介します。


 

家で簡単に手作りできる、甘酒作りにかかせない、みやここうじ!

オススメは株式会社伊勢惣さんのみやここうじです。

こうじを低温乾燥させてあり、袋に入っているので長期間保存も可能。

甘酒の他にも、味噌、塩こうじ、べったら漬けなどいろいろ作ることができるそうです。

生こうじと違って、長期保存できるので使いやすいですよね。

 

甘酒作りは簡単に炊飯器で作れる!

甘酒といえば、どうやって作ればいいのか分からないことばかりでしたが、実は炊飯器で簡単にできるんです!

材料は、みやここうじ200gとお米150g(1合)だけ。

1合のお米を炊飯器でおかゆに焚きます。

水の目安は3合のところまで入れればおかゆになります。

おかゆが焚けたら、保温にしたまま炊飯器のフタを開けて布をかぶせておきましょう。

60℃に冷めたところで、みやここうじをほぐしておかゆが入った炊飯器の中に入れて混ぜます。

温度を55℃~60℃位に保ったまま、途中2~3回かき混ぜながら8~10時間ほど保温したら甘酒の出来上がりです。

そうです、ほとんどほったらかしで完成!

炊飯器でほったらかしていたら、甘酒ができるなんて簡単ですよね。

麹とご飯から作られる甘酒は「酒」の字は付きますが酵母の作用は受けていないので、アルコールは含まれていません。

だから妊娠中でも授乳中でも、いつでも飲めるのですごく嬉しい!

甘酒のオススメの飲み方をご紹介

カップに作った甘酒を大さじ2くらい入れて、それから豆乳をカップいっぱい入れます。

電子レンジ600Wで2分くらい温めます。

そのまま飲んでもいいですし、黒ごまアーモンドきな粉をスプーン1杯入れてもおいしいです。

甘酒のほんのり甘みと、豆乳のまろやかさと、きな粉の味がするのでぐいぐい飲めます。

甘酒、豆乳、黒ごまアーモンドきな粉という体にいいラインナップを全部飲めるので、この飲み方は本当におすすめです。

 

売っている甘酒よりも、甘みがあり飲みやすいので毎朝飲んで健康になりましょう。

 

 

 

SPONSORED LINK



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です